クラウドについて知ろう

クラウドについて知ろう

イメージ画像

自社サーバーを運用していくのはとても大変です。ファイルの容量不足や停電による稼働停止など、様々な問題が発生しますので、それらに柔軟に対応しなくてはいけません。そこで注目されているのがクラウドです。こうしたクラウドサービスのメリットを知り、有効活用することで企業経営に役立てられるでしょう。

クラウドとは?

簡単に説明しますと、自身でデータ管理をするのではなく、データをインターネット上に保存して管理する使い方を指しています。WEBメールを思い浮かべると分かりやすいでしょう。WEBメールは基本的にインターネットを通じて連絡のやりとりを行い、アドレスやメールデータはインターネット上に全て保管されます。メールの管理だけではなく基盤構築やサーバー管理など、様々な使い方ができるクラウドサービスだからこそ、多くの企業で利用されているのです。

クラウドで基盤構築やサーバー管理をするメリット

企業でファイルサーバーを利用する場合、まずサーバーを購入します。ただ、ハードウェアを決めて購入手続きを行なっても、すぐに運用を始めることはできません。導入準備や保守プランの設計など、様々な作業が必要になり運用までに時間がかかってしまいます。
しかし、クラウドなら短期間でファイルサーバーの環境を整えることができ、好きなタイミングで導入が可能なのです。

また、大手企業や中小企業など、必要になるサーバーの容量は異なりますが、クラウドなら好きな容量だけ借りることができるのも魅力です。ファイルサーバーが急激に増えたことを理由に追加サーバーを購入しても、すぐに運用するのは難しいでしょう。「柔軟な対応ができる」これこそがクラウドの大きなメリットだと言えます。

企業経営の負担を軽減させ、業務効率を向上させるためにクラウド化を検討してみませんか。クラウドの導入支援なら弊社にお任せください。弊社ではシステムの運用管理や開発、クラウドサービス、技術者支援といった事業を展開しており、お客様の要望に合ったご提案をさせていただきます。「クラウドで基盤構築したい」など、何か気になることがあればお気軽にお問い合わせください。AWSGMOなど他者のサービスについてのご質問も対応致します。

ページの先頭へ 各種お問い合わせはこちら