中小、中堅企業のネットワーク環境で起こりやすい問題

中小、中堅企業のネットワーク環境で起こりやすい問題

中小、中堅企業のネットワーク環境で起こりやすい問題

中小企業では会社が1つのネットワークとして作られ、従業員の誰もがデータを確認できるようになっているケースも珍しくはありません。しかし、こうした事例は情報漏洩の危険が伴うのも事実です。感染ルートは複雑化していますし、手口の巧妙化に伴い、従来のセキュリティ対策だけでは防げない場面も増えるのではないでしょうか。例えば、以前はメールによる感染が主でしたが、USBメモリやSDカードも感染ルートになり得ます。

また、極端な話ではありますが、営業に赴く際にデータを持ち出し、何らかの手違いでデータが流出してしまう可能性も十分に考えられます。一度漏洩した情報を取り戻すのは容易ではありません。情報漏出事件に発展する前に、きちんと対策が必要な課題だといえるでしょう。

サーバー管理不足による情報漏洩

中小企業では会社が1つのネットワークとして作られ、従業員の誰もがデータを確認できるようになっているケースも珍しくはありません。しかし、こうした事例は情報漏洩の危険が伴うのも事実です。感染ルートは複雑化していますし、手口の巧妙化に伴い、従来のセキュリティ対策だけでは防げない場面も増えるのではないでしょうか。例えば、以前はメールによる感染が主でしたが、USBメモリやSDカードも感染ルートになり得ます。

また、極端な話ではありますが、営業に赴く際にデータを持ち出し、何らかの手違いでデータが流出してしまう可能性も十分に考えられます。一度漏洩した情報を取り戻すのは容易ではありません。情報漏出事件に発展する前に、きちんと対策が必要な課題だといえるでしょう。

「震災時の対応」は大きな課題

中小、中堅企業のネットワーク環境で起こりやすい問題

小さな地震が増えている日本では、今後大きな地震が起こる可能性は十分に考えられます。そして、地震や火災によって「システムが利用不可能になる」「データが消失する」といった事態になれば、業務継続に大きな影響を与えてしまいます。新しいネットワークシステムの調達時間やデータの復元時間などを考えると、とても軽視できる問題ではありません。

また、データの消失は会社の信用にも関わります。そのため、災害時における業務継続は事業主にとって大きな課題といえるでしょう。そして、停電に関しても東日本大震災以降、見直しが必要とされている問題です。長期停電に備えて自家発電を導入する企業も増えましたが、膨大なコストを考えると難しいのが現実です。

こうしたネットワーク環境で起こる問題の解決策として視野に入れたいのが「クラウド基盤構築」です。クラウド基盤構築のご依頼なら弊社にお任せください。弊社では4つのクラウドサービスを提供しています。各企業の状況に応じて提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。クラウド基盤構築や導入支援をはじめ、システム運用管理、システム開発といった事業で、御社の企業経営をサポート致します。

ページの先頭へ 各種お問い合わせはこちら