クラウドインフラ環境構築をアウトソーシングで簡単に行うためには

クラウドインフラ環境構築をアウトソーシングで簡単に行うためには

クラウド

めまぐるしく変化するビジネスの波についていくため、クラウドインフラ環境構築を視野に入れている中小企業も多いです。こちらではクラウドインフラ環境構築をアウトソーシングで簡単に行うため、事前に確認しておくべき項目を紹介したいと思います。

企業によって異なる課題

日本には様々な企業がありますが、全ての会社が同じ課題を抱えているわけではありません。企業が抱えている課題はそれぞれ異なるため、クラウド導入の目的は違うのが一般的です。企業が抱える課題を洗い出し、導入目的を明確することが最初のステップだといえます。

導入目的の明確化

まずは自社の課題に着目してみましょう。「不正アクセスを防ぐためにもネットワークセキュリティを強化したい」「アクセス集中で起こるサーバーダウンの対策」「コストを抑えた仮想サーバーの導入」など様々だと思います。課題を明確にすることで方向性が定まります。また、導入目的の明確化は依頼する業者との食い違いを防ぐためにも有効です。双方の間で方向性のすり合わせができていないと、途中で齟齬が生まれかねません。企業が抱えている課題を正確に伝えることは、実現したいクラウド環境を手に入れるために重要です。

導入後のシミュレーション

目的を明確にするのは勿論ですが、導入後のシミュレーションも必須です。導入する前と後では何が違うのか、どういった効果が得られるのか、とイメージすることでどのシステムにするか選択しやすくなります。導入することで得られるメリットは判断基準として有効です。便利なクラウド環境を実現して有効活用するためにも、会社の現状をしっかりと把握しておきましょう。

長野市にある弊社ではシステム運用管理、システム開発、クラウドサービス、技術者支援といった事業を展開しています。クラウドインフラ環境構築をアウトソーシングでお考えなら、ぜひ弊社にお任せください。ヒアリングを行って一緒に考え、企業が成長していくための提案を致します。導入支援に関することなど、不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ 各種お問い合わせはこちら