クラウド構築は、専門家に任せるのが一番

クラウド構築は、専門家に任せるのが一番

WEBサービスの質を向上させる為、従来の企業システムとは違ったメリットのあるクラウドサービスの導入をご検討されている中堅企業も多いことでしょう。導入に際しての課題として、クラウド基盤構築が挙げられます。外注をし、専門家に構築をしてもらうことも対処法の1つです。

クラウド基盤とは

明確には定義されていませんが、クラウド・コンピューティングの最下層にあたるITインフラのことをクラウド基盤と呼びます。ユーザインタフェースやセキュリティ管理、ネットワーク管理、仮想マシン管理、ストレージ管理などの機能を備えており、仮想化技術を活かして提供するものになります。

クラウド基盤構築の難しさ

クラウド構築は、専門家に任せるのが一番

プライベートクラウド基盤構築を行う上で発生する課題の中でも、特に問題視されているのがシステム運用管理者にかかる負担の大きさです。コンピューティングリソースの管理や効率的なCPUなど、プライベートクラウドの基盤構築を行う上で、システム運用管理者に求められるものは様々です。仮想化、自動化させる為のクラウド技術を身につけるだけでなく、効率的に適応させる必要があります。

それだけではなく、環境や規模によってはサブシステムごとにミドルウェアを導入しなければなりません。その場合、それぞれのミドルウェアが持つ仕様や機能性を理解し、熟知する必要性も出てきます。プライベートクラウド基盤構築を行うのはけして簡単なことではありません。

専門家に依頼するメリット

クラウド構築は、専門家に任せるのが一番

クラウド基盤構築を行う上で、システム運用管理者にかかる負担は膨大ですが、幅広い専門知識と確かな技術を持ち合わせたクラウド構築の専門家へ依頼をすることで、システム運用管理者の負担を軽減できます。負担が減る分、作業の精度も高まることでしょう。災害時のBCP対策やシステム障害対策になる他、情報漏えい対策の強化にも繋がります。クラウド基盤構築に特化した会社に依頼をすることで生まれるメリットは豊富です。

クラウド基盤構築の外部依頼をご検討されている方は、導入支援を行っている弊社をご利用ください。サーバー・ネットワークの構築や運用環境整備を行う会社です。システム基盤要件定義・設計・開発・運用まで確かな技術力でサポート致します。サーバー・パソコン・ネットワークについてのご相談があれば、お気軽にご連絡ください。

ページの先頭へ 各種お問い合わせはこちら