人を知る社員インタビュー

テクニカルパートナーで共に学び、成長し続ける仲間を紹介します。

当たり前に支え合う環境だから、どんどんチャレンジできる

ソフトウェア開発K.H.2014年入社

仕事内容

入社当時
パソコンキッティング
パソコンの初期設定と現地設置
手順書の作成
現在
インフラ設計、システム基盤構築
AWSの構築、クラウド導入支援
サーバ・ネットワーク機器の設定・設置・試験

1日のスケジュール

午前
  • 仕事の準備、メールチェック、タスク確認
  • チーム内ミーティング、進捗・課題共有
  • 設計・検証業務
午後
  • お客様とWeb会議
  • 機器の設定・試験
  • 当日の進捗確認、翌日以降のスケジュール調整

地元のお客様を大切にする企業理念に惹かれて

学生時代から地元である長野県で働きたいという思いがあり、就職活動を行っていました。
県内企業の情報を閲覧して自分のやりたい方向で探していたところ、興味のある仕事内容と社内風景写真を見てテクニカルパートナーの会社説明会に参加しました。

会社説明会にて、ソフトウェア開発だけでなくアプリケーションを動かすサーバ構築やネットワーク構築も行い、機械・装置とやりとりする部分も自社で開発、その後の運用保守を含むサポートまで幅広く対応している会社であることを知りました。
また、長野県では比較的少ないインフラ系を得意としている企業という説明に興味を持ち、地元のお客様を大切にしている企業理念に惹かれたこともあり、テクニカルパートナーで働きたいと強く思って選考に応募しました。

新規事業立ち上げの経験が自信に

入社後は、ソフトウェア開発を行う部署に配属されました。入社当時は、お客様用の手順書作成やお客様先にお伺いしてパソコンの初期設定や設置作業を行ったりと、入社初年度からさまざまな業務を経験させて頂きました。
お客様にお渡しする運用管理手順書は、初めて見た人でも内容が理解できるように書かなければならないので、最初のうちは作成に苦労しました。現在は、主にサーバやネットワーク機器の設定、試験を行っていますが、手順書をはじめとしたお客様への提出物は、誰が見てもわかるように作成することを心がけています。

入社2年目頃からは、クラウドに興味を持ち、独学でAWS(アマゾンウェブサービス)の認定技術者試験に合格しました。その後、会社からの支援やまわりの方の助けもあり、私が中心となって会社としてAWSコンサルティングパートナーに認定されました。今も新たなAWSサービスを習得しクラウドサービス・インフラ構築をしています。

ITを活用し、お客様と自社のパフォーマンスを最大化したい

入社前は、IT系の企業は1日中パソコンに向かって作業しているというイメージを持っていましたが、実際にはお客様や社内メンバーと連絡を取るといった人と接する機会が多く驚きました。学生の時はあまり感じなかった会社やチームでの情報共有が大切でツールの利用や対面によるコミュニケーションの重要性を実感しています。
現在、お客様との打ち合わせは、Web会議を利用することが増えました。その結果、お客様先への移動時間が不要となりその分を業務に充てられるようになりました。また、開発や構築においてもチームで開発するツールや構築を何度も繰り返し行うことができる自動化ツールなどIT業界の進歩の速さに日々驚かされます。

今後も、可能な限り自動化・効率化を進めてより少ない時間で業務を行えるようにしていきたいです。